交通事故により後遺症が残ってしまうことで、その後の人生は大きく左右されてしまいます。その中でも特に重症なのが脊髄損傷でしょう。身体全体を支えている脊髄が傷を負うことにより、最悪の場合には、一生涯、歩行困難になってしまうことさえあるのです。

運動することもできなくなりますし、ましてや学校や会社に通勤することも不便になるでしょう。

脊髄損傷脊髄損傷になってしまった場合には後遺障害等級認定を申請することができますので早めの弁護士などに依頼をして書類作成などの準備に取り掛かることが必要です。

ところで脊髄損傷は実際にどれくらい症状が重いのか確認してみましょう。

脊髄は、身体と脳を結ぶ中枢神経です。交通事故により衝撃の度合いが高ければ高いほど、外傷を受けやすくなり、脊椎を骨折することもありますし、脱臼することもあります。また脊髄が入っている脊柱管の内部に損傷が加わることもあります。

傷ができたり、圧迫されることにより脳からの伝達が困難になってしまい、自律神経や知覚機能などを著しく損傷することで、歩行困難などの運動障害が生じてしまうのです。これは交通事故だけに起こりうるものだけではありません。

たとえば、アメリカンフットボールなどで激しいタックルが原因で脊髄損傷が起きてしまう場合もありますし、転倒することや重たい荷物を持ち続けていることで脊椎を圧迫してしまうことさえあるのです。日常生活の中でも気をつける必要がある重要な部位なのです。

脊髄損傷で認定を受ける

参考『事故後遺障害認定』|https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/